日記

2007-03-18
北京~5つの世界遺産を訪れる旅~

もう春かと思っていたところ、寒波の到来で風も冷たく寒い日が続きます。
桜の開花予想もずれ込みそうですね。
少し前に夫と「北京~5つの世界遺産を訪れる旅~」に行きました。
中国へは初めての旅行となります。夫にとっては5ヶ月ぶりのオフとなりました。

北京を訪れて驚いたことはまず交通ルール。
片側6車線もある広い道路を車、自転車、人が行き交っているのです。
勇気のある人勝ちのようで、日本では考えられない交通ルールです。

それからトイレ事情。
世界遺産に登録されている建物内やレストラン内のトイレでもまずペーパーはありません。それにとても不衛生。
女性は本当に困ります。…でも、考えてみれば少し前の日本もそうでした。

早朝より「万里の長城」に登りましたが、前夜からの霧が開けきらず、まるで雲上を登って行くと言う感じでした。一番上の写真の通り、傾斜がすごいのです。

冬の北京は厳寒なのですが、今年はここも暖冬でいつもの名古屋の寒さと同じくらいに感じました。 雪もなく、もし雪が積もっていたらこの階段と坂は滑って登れないと思います。 しかし、テレビや本で見るあの広大な風景を見ることができなくて残念でした。

広東料理の昼食を終え、三輪自転車に乗って旧市街「胡同」を散策しました。
(黄色い三輪自転車に合わせてか、運転してくれる方々は皆黄色いベストを着ていました。) 私はこの散策が一番楽しかったですし、心に残っています。
代表的な民家の中も案内されましたが、外から見るよりはるかにきれいになっています。 民宿をやっているそうですが、どうも裕福な家庭のようです。
中にはバラックのような家もあり格差がすごいです。

美しい景色や偉大な建造物を見るのも旅の楽しみですが、やはり何と言ってもその国の人々と交わり、文化を知ることが旅の醍醐味だとあらためて思いました。

晴れてはいるのですが、スモッグなのか黄砂なのか空はすっきりしません。北京はどこを見ても土埃で、近代的なビルも霞んで見えます。
そんな中でも「天壇公園」は美しい公園でした。園内で退職したお年寄りがトランプをしたりダンスをしたり楽器を演奏している姿がとても微笑ましかったです。

「天安門広場」に来て、「あ~、北京なんだ」って初めて感じました。本当にテレビで見るのと同じですね。 その広さにも圧倒されました。天安門広場の大通りは今では自転車より車の方が多いようです。

2008年に北京オリンピックが開催されるため、急ピッチで工事が進められています。地下鉄も突貫工事で広く開通するようです。
近代的なビルの間にある屋根の上から草が生えている家々、リヤカーに荷物を一杯積んで広い道路を横断している人々…私はとても違和感を感じました。

しかし、広大な大地を持つ中国には不思議な魅力もあります。
今度は上海、桂林、西安、そして海南島を訪れてみたいです。

  

  

  

カテゴリー:旅行
トップへ戻る