日記

2008-03-10
マルタ共和国旅行記2

翌朝はマルタ島の北西約6キロに位置するゴゾ島に渡りました。この島は地中海に浮かぶ島の中でもその美しさは随一の島です。
思ったより大きなフェリーで何故かドイツ人が多かったです。

30分くらい揺られてイムジャールの船着場に到着。人口約26000人で島ならではののんびりした風景ですが、歴史の古さに驚きです。今から7千年程前からすでに人が住んでいたそうです。
地中海沿岸では最古の建造物と言われているシャガンティーヤ神殿(BC40世紀~)を見学しました。

周囲は高さ8mにも及ぶ石積みの壁で囲まれ、あるものは数トンにも及ぶ巨大なサンゴ質の石灰岩が整然と積み上げられています。ここから眺める空の青さが素晴らしかったです。

島全体が石灰岩で構成され、樹木が自然に生い茂るところがないため、雨量の少ない夏は緑がなく、雨季の冬になってやっと緑が鮮やかになります。
地表のほとんどはオリーブとサボテンばかりで、小さな畑の周りには小石が積み上げられています。まるで積み木のようです。

次にカリプソの洞窟へ。ここはホメロスの叙情詩「オデッセイ」で歌われ、妖精カリプソがオデッセウスを愛の虜として7年間閉じ込めた洞窟です。
洞窟は小さくて、とりたてたものはありませんが、ここからはゴゾ島最高といわれるラムラ湾のサンディ・ビーチの美しい眺めが広がります。この海を眺めていると時間が経つのを忘れてしまいます。

そして、風と波の浸食によって造られた自然のアーチ…アズール・ウィンドーへ。紺青の海がのぞく印象的な景観でした。
またちょっと立ち寄ったプールのようなシュレンディ湾の断崖の上には洞窟に続く遊歩道が広がり、スキューバーダイバーたちが海に飛び込んでいました。

次回に続きます。








トップへ戻る