日記

2008-03-05
マルタ共和国旅行記1

「地中海に浮かぶ世界遺産の宝庫」と呼ばれているマルタ島。

イタリア半島の靴形先にあるシチリア島の南に浮かぶ淡路島の半分程度の小さな島です。

作年の11月、中部国際空港22:45発エミレーツ航空を利用し、ドバイ乗り継ぎキプロス島を経由し、やっとの思いでマルタ島に到着しました。旅立つ前はこんなに長時間の移動は大丈夫だろうかと不安でしたが何とかなるものですね。

今や大変なお金持ちのドバイの空港は早朝にも関わらず活気に満ちていました。異国に来たな~って気がしました。
人気の金製品も売っていて、正札を見たところ「え、こんなに安いの!?」という価格でしたので、思い切って買おうかなと思いましたが、帰りに時間があるからとやめて良かったです。
1グラムを商品単価と間違えていました。^^;
クレジットカードの請求書を見て卒倒するところでした。

首都ヴァレッタの街が一望できるダルビッシュ港で記念撮影。
ヴァレッタは1565年のトルコ軍によるマルタ攻略の「大包囲戦」の勝利の後、聖ヨハネ騎士団長ジャン・パリソ・ドゥ・ラ・ヴァレッタによって築かれた城砦都市です。う、高校時代に学んだ世界史が頭をよぎる…。

スリーマ地区(海岸沿いに広がる近代都市)を散策したり、セント・ジュリアン(かつての漁村)を車窓より眺めて地中海に面したラディソンSASベイポイントホテルへ。
地中海は海の青が深いです。それに波も豪快。吸い込まれそうでした。

もうすぐ夕食なので眠ってはいけないと思いつつ、睡魔に襲われす~っと眠りに入ってしまいました。
時差と疲労のせいなのでしょう、意識が朦朧とした中での夕食でした。

次回に続きます。






トップへ戻る