日記

2016-01-26
南紀旅行&恐怖の谷瀬の吊り橋

昨年のクリスマスにワイドビュー南紀と近鉄特急で南紀方面へ行って来ました。
那智黒飴で有名な那智の滝へ初めて行ったのですが、お天気が良かったこともあって、素晴らしい景観でした。熊野大社や熊野古道(少し)、瀞峡遊覧を楽しみました。
人生一番の恐怖を感じた「谷瀬の吊り橋」も経験しました。高所恐怖症なので、渡るのをやめようと思っていたのですが、思ったより頑丈そうだったので、人の流れと共に橋に乗っかってしまいました。
前を歩く女性(写真)についていく感じで歩き始めたのはいいのですが、大きく揺れるし、敷いてある橋の板厚が薄く感じられ、もう途中からは恐怖しか感じることができず、ただひたすら早く渡り切りたいという気持ちと乗っかってしまった後悔のみで泣きそうでした。渡り切ったら、渡って戻るしかないので、帰りは主人曰く超スピードだったそうです。後ろから来ていた主人も大変な恐怖だったようで、私のスピードについていけないくらいだった、と言っていました。もう二度と吊り橋は渡りません!

2013-04-01
京都北部旅行記

2013年4月に天橋立、城崎温泉、竹田城、京都嵯峨野のトロッコを旅してきました。
天橋立は、陸奥の『松島』・安芸の『宮島』とともに、日本三景とされるところで、お天気も良く、素晴らしい景色でした。学生時代に訪れたことがあり、その時はもっと賑やかだったような気がします。

城崎温泉は有名になりましたね。昔ながらの温泉街という感じで人手も多かったです。

竹田城は人気が出る前(規制が敷かれる前)に訪れていますので、ゆっくり景色を眺めることができました。想像していた以上に景観が良く、人気が高まるはずです。

嵯峨野のトロッコは、台湾の観光客で一杯で、日本人はわずかでした。
もうその頃からアジア系の外国人観光客がすごかったのですね。
桜も綺麗で、今度は紅葉の時期に乗ってみたいと思いました。

P4040010.jpg P4040011.jpg P4040013.jpg P4040015.jpg
P4050016.jpg P4050027.jpg P4050028.jpg P4050029.jpg
P4050031.jpg

2015-12-22
母から受け継いだ金のなる木

母から受け継いだ「金のなる木」が今年薄ピンクの花を咲かせました!
大切に育ててきた甲斐がありました。嬉しい限りです。

11月末には京都の紅葉を見て来ました。写真は東福寺と平安神宮になります。

平安神宮の写真の左に小さく夫が写っています。
平日だったので、混雑はなくゆったりできました。

今年は私たち家族にとって、幸多き年でしたが、来年もこの花のように薄ピンクの花が咲くことを祈りたいと思っています。
楽しいクリスマス、良いお年をお迎えください。

 

 

2015-11-19
美濃加茂市商工会議所会員親睦旅行

今年の11月はとっても暖かく、まだ炬燵や暖房器具を使っていません。
このまま暖冬になるのでしょうか?

11月10日に美濃加茂市商工会議所会員親睦旅行(主人は初めて、私は二度目)に参加しました。 参加の決め手は行先で、松本城、フレンチレストラン鯛萬、なわて・中町通り自由散策です。 結婚後5年ほど松本市近郊の三郷村(現安曇野市)に住んだことがあり、とても懐かしいからです。
松本市の天候は曇りで、アルプル連峰が見えず残念でしたが、高速道路から眺める紅葉がとても美しく、日ごろの目の疲れが癒された気がします。

 

2015-10-20
世界遺産 高野山

秋らしいさわやかなお天気が続いています。
高野山開創1200年ということもあり、世界遺産、高野山へ行ってきました。
「奥ノ院」の紅葉も始まっていて、厳かな中にも艶やかさもありました。
「天徳院」という宿坊に泊まり、精進料理や朝の勤行も体験してきました。
「檀上伽藍金堂」においては、80年ぶりに特別御開帳されていました。御本尊(薬師如来)は、昭和9年の弘法大師1100年御遠忌に合わせた金堂の再建とともに当時の大仏師・高村光雲[たかむらこううん]師により造られました。
以来、80年あまり厨子内に安置され、秘仏となっていた御本尊が今御開帳されています。

期間:平成27年10月1日(木)~11月1日(日)
場所:壇上伽藍金堂/御本尊:薬師如来(阿しゅく如来)

 

2015-09-19
沖縄旅行

お盆辺りから秋の気配が感じられ、今ではもうすっかり秋ですね。今日は赤とんぼをたくさん見ました。
夏場はどうしても制作が捗らず、遅れ気味になってしまいます。これからピッチを入れて頑張ります。

2年前の早春(2013年3月)に4度目の沖縄へ行ってきました。
今回は慶良間でのホエールウォッチング、古宇利大橋、美ら海水水族館(2回目)、首里城へ行きました。
沖縄の海はいつ来ても美しいですね。くじらも見えました!
最終日に首里城をお訪れた時は、寒くて冬スタイルになっています。
その後主人は風邪をひきました^^;


 

2015-06-15
島根旅行

新緑美しい5月中過ぎに、以前からずっと行きたいと思っていた足立美術館、松江城、出雲大社へ行ってきました。八重垣神社にも立ち寄り、そこの「鏡の池」には、硬貨を紙片に浮かべて早く沈むほど早く良縁に恵まれるというコイン占いがあります。水木しげるロードも大変楽しいところでした。子供のころ「鬼太郎」のテレビをよく見ていたのでどれも懐かしいです。足立美術館の庭園はとても美しくしばし時間を忘れるほどです。また横山大観の大作は教科書でしか見たことがなかったのですが、実物は素晴らしく心打たれました。国宝松山城から眺める宍道湖、堀川めぐりも旅ならではのひと時を過ごすことができました。

4月から県営名古屋空港(小牧空港)よりFDAが出雲便を就航し、とっても便利になりました。

「福庭家」の先祖は出雲大社の近くにあります。
「美保神社」(私の名前は美保です)が松江市にあります。
きっと縁があったのでしょうね^^
写真はバス内から撮影した「美保関」です。

       

 

2012-11-16
カンボジア旅行記5

最終日はベンメリアの遺跡を訪れました。森の中に佇むヒンドゥー寺院で、シェムリアップから北東へ約60キロ。片道約1.5時間かかります。
ガタガタ道をすごいスピードで車は走ります。ぶつからないか不安でしたが、無事に到着しました。
途中カンボジアの人々の暮らしを垣間見ながら、ホテルとの格差をしみじみ感じました。

修復や遺跡に絡まる樹木の伐採はほとんど行われていないため、発見当時の雰囲気が残り、迷宮を探検するような楽しさがあります。
つい最近遺跡内の地雷除去が終わって安全に見学できるようになりました。しかし周囲には地雷が残っていますし、「自己責任」でしか入れないところもあります。怪しい蛇や虫もいるようです。

私としては修復が行われず、このままの状態を保った方がいいように思います。
この世のものとは思えない不思議な魅力があります。
ガレキを登るのは大人になっても楽しいものです。しかし、汗だくです^^;

ホテルに戻る度にサービスドリンクを頂きました。これなしではこの暑さを乗り切ることができなかったかもしれないくらい美味しいです。
ちょっと痛かったですが、タイ式マッサージも経験しました。

最終日はホテルからのサービスで豪華なクメール料理のコースディナーが付いていました。食事はどこも美味しかったです。

風雨の中遺跡がどれだけ保たれるか心配ですが、カンボジア・アンコールワットは、今振り返ってももう一度訪れてみたいと思います。

PB270109.jpg PB270110.jpg PB270111.jpg PB270112.jpg
PB270114.jpg PB270121.jpg PB270123.jpg PB270124.jpg
PB270129.jpg PB270132.jpg PB270136.jpg
PB270138.jpg PB270139.jpg PB270140.jpg PB270141.jpg

2012-11-16
カンボジア旅行記4

オールドマーケット、昼食、ホテルでの小休息後、アンコール遺跡群、ニャックポアン、タ・ケウ、バンテアイ・クディへ向かいます。もう暑くて疲れてたまりません。

池の中に建っているのがニャックポアンです。中央の大きな池の四方に小さな池があり、それぞれがつながっています。ここは人々の病を治療する沐浴場であったと言われています。「絡み合う蛇」という意味だそうす。

バンテアイ・クディは上智大学が発掘と修復作業を行い、、2001年に274体以上の石仏を発掘したことで有名です。

夕食は「アバカス」というフランス料理店で食べました。外国人観光客向けのレストランですが、向かう途中の道路はガタガタ道ですごいです。

PB260100.jpg PB260101.jpg PB260102.jpg
PB260104.jpg PB260105.jpg PB260106.jpg PB260108.jpg

2012-11-16
カンボジア旅行記3

バンテアイ・スレイはシェムリアップから北へ40キロ。967年に建てられたヒンドゥー教の寺院です。寺の名前は現地の言葉で女の砦という意味です。
赤い建物が見えてきました。紅色砂岩とラテライトで造られたこの寺は装飾が美しいことでも知られ、東洋のモナリザと呼ばれる笑みを浮かべた女性像が特に有名です。

全体に小ぶりな遺跡ですが、私たちはここが一番気に入りました。もっと写真が撮れていれば良かったのですが、写真を撮れば撮るほど自分はじっくり見れないので・・・。

カンボジアのガイドさんはとても流暢な日本語を話しました。日本にも来たことがあるそうで、それも運悪く2月の東北地方へ行ったようで、薄着で行ったので着いてすぐ凍えそうになったそうです。

あちこちにカンボジアの子供が物乞いをしています。ついお菓子や少々のコインをあげてしまいそうになりますが、ガイドさんは「カンボジアの子供たちのために絶対そのようなことはしないで下さい」と言います。
将来大人になってからしっかり働いて欲しいからだそうです。

タプローム遺跡は12世紀後半の仏教寺院です。
当時は僧侶や使用人、踊り子等1万人以上が暮らしていたと言います。
アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「トゥーム・レイダー」のロケ地としても有名です。
外壁を押しつぶさんとする、遺跡の至る所に絡みついているガジュマルの木根。
うっそうとした森の中にあり、とても神秘的です。
アンコールワットやアンコールトムとは違った魅力があります。

P5030007.jpg P5030008.jpg P5030009.jpg PB260081.jpg
PB260085.jpg PB260086.jpg PB260089.jpg PB260090.jpg
PB260093.jpg PB260094.jpg PB260096.jpg PB260097.jpg

1 / 6123...最後 »
トップへ戻る