日記

2018-02-28
おひなさま 後藤由香子作 「千寿」

おひなさまを飾りました。

岐阜市の後藤人形店の後藤由香子さん作の「千寿」です。 伝統柄をモダンな色彩で置き換えたスタイリッシュなおひなさまです。 「千寿は、とても佇まいのきれいなおひなさまです。お殿様とお姫さまの衣装はお揃 いの伝統柄ですが、お姫さまはにはやさしさが、お殿様にははっきりとしたメリハ リのある色合いがつけてあります。 スタンダードなおひなさまですが、屏風やぼんぼりのバランスなどをしっかりとっ て、すっきりみえるようにしてあります。」とのことです。

Aちゃんは岐阜市にいるのでちょくちょく会えます。健やかな成長を願うばかりです。

おひな様

2018-02-28
「日記」を更新しました
カテゴリー:更新情報
2018-02-18
丸テーブルに制作例を2件追加しました
カテゴリー:更新情報
2018-02-17
家具再生(リフォーム)に制作例を1件追加しました
カテゴリー:更新情報
2018-02-17
お客様の声を1件追加しました
カテゴリー:更新情報
2018-02-13
家具再生(リフォーム)に制作例を1件追加しました
カテゴリー:更新情報
2018-02-12
丸テーブルに制作例を1件追加しました
カテゴリー:更新情報
2018-02-12
お客様の声を1件追加しました
カテゴリー:更新情報
2018-02-17
家具再生22 輪切り座卓をダイニングテーブルに
輪切り座卓の天板(ウレタン塗装されたもの)を削り、厚みも薄くしてオイルのクリアー仕上げに、脚も既存のものを取り外し、アッシュの丸テーブル用集中型脚タイプを取り付けました。輪切り座卓がモダンな小さめのテーブルになりました。
before

 

after

 

お客様の声

テーブルが届きました。
素敵に生まれ変わり、テーブルを贈ってくれた今は亡き祖父も喜んでくれると思います。 大切に使わせて頂きます。本当にありがとうございました。

まだ寒い日が続きますのでどうぞご自愛下さいませ。

   (大槻様/岐阜県)

福庭家具工房より

大槻様からはお引越しに伴い思い入れのある輪切り座卓をダイニングテーブルにリフォームされたいとお問い合わせを頂きました。座卓の脚を外し、輪切り天板は長方形にカット、厚みを薄くし、ウレタン塗装をはがしオイル塗装を施しました。脚部は丸テーブルの集中型脚タイプのアッシュにて制作いたしました。

見違えるほど素敵に生まれ変わりましたね。
気に入って頂けまして嬉しいです。

大槻さまもどうぞお体にお気をつけてお過ごしください。
今後とも末永くどうぞよろしくお願いいたします。

 

2018-02-11
家具再生21 座卓をダイニングテーブルに
天板(ウレタン塗装の着色されたもの)を削りオイルのクリアー仕上げに、脚も既存のものを取り外し、アッシュの4本脚タイプをダークブラウン塗装をして取り付けました。一枚板の天板でしたので見違えるほど素敵に変身しました。
before

 

after

 

お客様の声

一枚板の座卓を、今回、福庭家具様にお願いして、ダイニングテーブルにリメイクしていただきました。
このテーブル(当時は座卓)は約20年前、私たちがまだ20代で、家を購入した際にお祝いでいただいたもので思い出が詰まっており、今回の家の建て替えに際し、是非、有効に使いたいと切望しておりました。
そこで、リメイクしていただける工房を色々と調べたところ福庭家具様を知りました。
以前の家の解体に合わせリメイクをお願いし、新しい家の引渡しと共に納品していただきました。作成途中で板に反りが出たりと色々とご迷惑をおかけしましたが、その度に福庭家具様が上手く対応してくださり、本当に良いものが出来上がりました。
まだ入居2週間程ですが、ソファーやリビングセットも新調したのに、このテーブルの周りが居心地が良いのか知らず知らず家族皆がこのテーブルに集まっています。このテーブルのおかげで、家族の会話が増えたようです。
素晴らしい作品に仕上げていただき、家族全員が福庭家具様に感謝しております。本当にありがとうございまし
た。また、何かありましたらお願いいたします。
 (近藤様/岐阜県)

福庭家具工房より

近藤様からは、ご自宅のリフォームに伴い「座卓が重くて,このままではテーブルとして使いにくいのです。また,せっかく良いもの(だと思う)なので,ダイニングだけでなく,少々小さくてもリビングのテーブルと和室の座卓として活用したいと思いまして。」と相談を受けました。

本当にリフォームなんですか?まるで新築のようです。
それにテーブルがあまりに似合っていて驚きです。
リフォームされて良かったと私たちも安堵しています。

思いの詰まった座卓が見違えるように見事にテーブルに変身し本当に良かったです。
板を削って水分が多く含まれていたことで反りが出てきてしまい、一時制作が危ぶまれましたが、幸いにもご新築の完成の遅延が功を奏し、板の反りが落ち着き無事完成に至りました。
20年前の座卓も無垢の木は生きていて呼吸をしていることを感じた今回の仕事でした。

ご家族皆様にも気に入って頂けましてとても嬉しいです。
今後とも末永くどうぞよろしくお願いいたします。

トップへ戻る