よくある質問

家具や無垢一枚板に関する情報(よくあるご質問)です。 情報は逐次追加していきますが、分からない事などありましたらお気軽にお尋ねください。

お問い合わせはこちら

材関連のご質問

無垢材とは何ですか?
木そのまま、混ざりものでない、つまり合板やベニヤ、コンパネの様な貼り物(フラッシュ製法)でない材料のことです。当工房では無垢材のみを使用して家具を制作しています。
無垢材の長所、短所は何ですか?
長所は使い込めば込むほど味わいが出てきて、次第にアンティーク家具になっていきます。本物だけが持つ重厚感やぬくもりを感じることができます。頑丈で耐久性に優れています。再生(リフォーム)ができ、きれいに蘇ります。オイルフィニッシュの場合メンテナンスができます。一点もののため代わりがなく愛着が持てます。ボンドの使用が少ないため健康に良いです。
短所はフラッシュの家具に比べ価格が割高になります。重いので移動が大変です。反りや割れが出やすいので注意して使う必要があります。
無垢一枚板とは何ですか?
幅の狭い無垢板を複数枚接ぎ合わせた板ではなく、原木そのままを加工した材料になります。正真正銘の一枚板の事を指し、重厚で高級感があるのですが、市場では高額で取引される場合が多いです。近年少なくなって来ています。
アッシュについて
北米産の広葉樹になります。白っぽい色合いなのでどの家具にも合わせやすいです。
材質はタモに似ており、タモに代わる材として近年人気が出てきています。
木目も美しく、オーク、マホガニー、ブラックウォールナットと並ぶ四台銘木になっています。
ビーチについて
ブナ科の広葉樹で、アメリカンビーチとヨーロピアンビーチがあります。
木目はきめ細かく、ビーチ材最大の特徴である小さな斑点が全体に入っており、色調は淡くピンクがかった乳白色をしています。
強度が高く、弾力性があり、曲げ木加工を施した名作家具で使用されていることも多い木材です。
栃(トチ)について
栃は欅と並び国産の広葉樹の代表格となります。板を赤身(心材)と白太(辺材)と区別するのも栃の特徴です。
一枚一枚の板が個性豊かで、時には同じ木?と感じてしまう板もあります。
縮み杢や波状杢などの大変美しい杢が現れたり、オイルを塗ることによって太陽光線等に反射してきらきら光って見えるのも栃の持つ魅力の一つです。比較的幅広 の板が手に入るので、大きなテーブルや座卓をご希望の方にはオススメです。
価格帯も 幅広く、カタチも整ったものから曲がったもの等好みに応じたものが手に入りやすいです。
欅(ケヤキ)について
欅(ケヤキ)は古くから国産の広葉樹の代表格とされ、アジアの一部と日本に分布(本州、四国、九州)しています。動くような木目が美しく、磨くと著しい光沢を生じ、また、堅くて摩耗に強いので家具材として昔から根強い人気があります。

樹齢300年を超える古木の中には、「牡丹杢」「縮み杢」「珠杢」と呼ばれる美しい杢が現われることも多く、市場では高額で取引されています。色は黄褐色から黄色を帯びた紅褐色で、オイル仕上げによって美しい色艶になります。
現在では高樹齢の大木を入手するのは困難な状況となっています。
楢(ナラ)について
美しい木肌を持ち、「森の王様」と呼ばれています。
板目でははっきりとした年輪が現れ、柾目では優しい雰囲気の中に「虎斑(トラフ)」と言われる杢が現れやすくなり、個性豊かな表情を楽しむこともできます。

また国産材の気品ある高級感も根強い人気となっています。ウイスキーの樽として用いられ、日本を代表する銘木であり、「ドングリのなる木」としても親しまれています。
タモについて
家具材としてポピュラーで比較的手に入りやすいこともあって根強い人気があります。野球のバット材としても有名で大変堅い木でもある反面、神秘的な木目の美しさから「白木の女王」とも呼ばれています。

年輪がはっきりとして比較的素直な木目をしています。その木目が気になる場合は柾目が使われます。タモは接ぎ板で加工されることが多いですが、一枚板もその流れるような木目の美しさからとても人気があります。
栗(クリ)について
栗と言えば、天津甘栗、栗ようかん、モンブランなどの美味しい甘いお菓子を思い起こします。実は栗の実だけでなく、栗の木そのものも、加工の段階で甘い香りがすることもあります。心材は腐りにくいということで、昔は建築土台として使われていました。楢や欅に比べて素朴な感じがします。タモよりやや濃い色目となります。
モンキーポッドについて
中南米、西インド諸島、フロリダ、ハワイなどに自生するマメ科の広葉樹。
この木何の木?気になる木♪で有名な日立のTVコマーシャルに映っているのがこの木です。濃色の條があることによって出来る美しい面が特徴です。
サラダポールなどの刳り物に加工され熱帯地方の土産物としてよく利用されます。
山桜(ヤマザクラ)について
ピンク色からやや赤味がかった色合いが美しく、艶もある優美な仕上がりが魅力的です。量が取れないので高値で取引されていますが、それでもこの美しさに魅了されてしまったら惜しくないと感じてしまうほどです。

アメリカンチェリーと同様、経年変化によってかなり濃い色へと変わっていきます。そこがまた魅力の一つになっています。幅広の木は少なく接ぎ板で制作されることが多いです。
ブラックウォールナットについて
木目のグラデーションが美しく、「木の宝石」と言われるほどしっとりとした深い色合いをしています。マホガニー、チークと並ぶ高級材でもあります。強度もあり非常に堅い木です。

幅広の木もありますが、非常に高価な価格で取引されるため、接ぎ板での制作も多いです。家の中にウォールナットの家具が一つでもあると部屋の雰囲気が一変するので、多くの人の憧れの材でもあります。
胡桃(クルミ)について
色はピンクがかった褐色で、年輪があまりはっきりしない分、木目の感じが優しく、柔らかい雰囲気を持っています。肌触りも滑らかで当工房では特に女性のお客様に人気があります。
比較的軽いので移動するのも楽です。幅広の木は少なく接ぎ板で制作されることが多いです。
当工房のダイニングチェアーE(胡桃チェアー)も座り心地の良さで人気商品となっています。
ミズメについて
ミズメはカバノキ科の樹木で、材は堅く、木理は美しく、弾力があり良質な材です。サクラの樹皮に似ているのでミズメザクラとも言われているようです。

ねばりがあるので、昔は弓の材料にもされ、ミズメで作られた弓は「梓弓」と呼ばれていました。というわけで「アズサ」という別名もあります。
材としてもヤマザクラに近く、白太も含めた材全体が少し黒みがかったピンク色をしています。
チークについて
チークはマホガニーと並ぶ優良高級材の銘木です。材質は堅く強靭で耐久性、耐水性があり、病害虫にも強いです。天然の油成分があって、オイルで手入れしなくてもしっとりしています。よく乾燥させた場合は伸縮率が小さいので家具に向いています。大変高値で取引をされていて貴重な材になっています。
ブラックチェリーについて
使い込むほどに淡い桃色から美しく深い飴色に経年変化をしていく姿はあまりにも有名です。木肌は緻密で滑らかで大変美しく仕上がります。

アメリカ産の広葉樹の中ではウォールナットに次ぐ高級材とされています。日本の朱利桜に似た色目です。幅広の木は少なく接ぎ板で制作されることが多いです。木には直径1cm程の果実が実り、日本のさくらんぼより価格も安いためその時期はスーパーでも多く店頭に並びます。
ハードメイプルについて
真珠のような透き通った白さで、美しくきめ細やかな木肌を持っています。
今人気のメイプルシロップが取れる木としても有名です。見た目と違い非常に堅く強度もあり重いです。

寒さに耐え抜いた木であるため、衝撃や摩擦にも強く床材としては多く使われています。また家具になると目を見張るほど美しいものに仕上がります。幅広の木は少なく接ぎ板で制作されることが多いです。
柾目と板目はどう違うのですか?
柾目(まさめ)とは、木の中心軸(丸太心)から放射線状に平行になるように製材した材料の事を言い、板目(いため)とは、木の中心軸から丸太の縁方向に平行にずらして製材した材料の事を言います。柾目と板目では90度角度が異なる取り方になります。

柾目は木目が通って縦縞模様に見え、清楚で安らぎ感のある表情になります。1本の木から多く取れないために価格は高くなりますが、狂いの少ない良材が取れます。

尚、完全に放射方向に沿って切り出した材を本柾目(ほんまさめ)、放射方向より多少ずらして切り出した材を追柾目(おいまさめ)と呼びます。

板目は不規則な竹の子模様のような、木材独特の非常に綺麗な模様が現れます。幅広の材が取れ、しかも1本の木から多く取れますので、価格も柾目よりお値打ちで安定供給が可能となっています。
乾燥材とは?
まず木を加工して家具を作る場合、必ず乾燥させてから作らなくてはいけません。乾燥させずに家具を制作すると水分の蒸発と共に必ず割れや反りが発生します。(十分に乾燥させても環境により発生する場合はあるのですが…。)

当工房では一枚板も接ぎ板も天然乾燥(自然乾燥)と人工乾燥を長期間に渡って行われた十分に乾燥した板を使用しています。
どのように乾燥させるのですか?
まず、太陽の元で桟で積み上げて自然に乾燥させます。(天然乾燥) その後、ボイラーの中の熱気で強制的に水分を抜き取ります。(人工乾燥) その後、又、自然の状態に置き元に戻します。この2種類の乾燥を行って、初めて加工可能な材木が出来上がります。
天然乾燥におよそ数年、人工乾燥におよそ1ヶ月~2ヶ月必要ですので、トータルの乾燥期間は数年以上かかります。
割れや反りはどのように押さえていますか?
活きている木を使用するため、木の呼吸により材料は伸縮します。
そのため、お買い上げ頂いた後も呼吸をし続けることにより、反りやひびが生じる場合があります。そういった無垢材の特徴をよくご理解頂きますようお願い致します。

当工房では十分に乾燥(自然乾燥と人工乾燥)させた乾燥材を用いると共に、豊富な経験と技術を用いて反りや伸縮を最大限押さえるようにしています。環境に寄る所も大きいので、以下の場所での使用は避けて下さい。

1. 屋外や水のかかる場所
2. ストーブ(特に暖炉や蒔きストーブ)の熱、エアコンの風、直射日光が当たる場所
3. 高温、多湿、著しく乾燥する場所、急激に温度・湿度が変化する場所

基本的に木は湿度に合わせて動き(伸縮し)ます。従いまして、急激な乾燥や湿気に対応しきれない場合も出てきます。上記の場所での使用を避けると共に、湿度の低い時は加湿器を使う事をお勧め致します。

また、暖房を使う冬場は、一枚板や2枚接ぎは特に到着してすぐの急激な暖房を避けて下さい。突然の割れやひびの誘因になります。環境の変化によって割れ等は起こりやすいです。またじわじわではなく到着後2週間以内起こることが多いです。

反りに関しましては、当工房ではダイニングテーブルや座卓の場合、天板裏に反り止め桟を付け、反りを抑えるようにしています。丸テーブルや学習机は十字型の桟や幕板が反り止めを兼ねています。
接ぎ(ハギ)とは何ですか?
接ぎ(ハギ)とは、複数の板を巾方向で接着して一つの板にするという意味です。つまり「ハギ」とは「接ぎ」を意味します。接いで作りますので一枚板よりも十分な大きさの天板を確保できますし、ご希望のサイズの天板の制作も可能となります。

二枚接ぎのテーブルの魅力は、出来上がりの木目の美しさにあります。二枚接ぎのほとんどは、共木(同じ丸太から取った板)で作ります。但し、一枚板を2枚接ぐということですので、技術も要し、高価なものになります。そのため、一枚板と変わらない雰囲気を持つことができます。

その点、複数枚の接ぎ板は価格も手ごろな上、ご希望のサイズで仕上げることができるため人気が高いです。
接ぎの工法には何がありますか?
接ぎ(ハギ)の工法には「雇い実(やといざね)はぎ」や「いもはぎ」等の工法があります。

雇い実(やといざね)はぎは、「両木ば(接合面)」に「いもはぎ口(溝)」をつくり、さらに中央部に板厚の約1/3幅の溝を設けて、その中に「さね(堅木の桟)」を入れて、接着剤を用いてすり合わせて接着するという工法です。

いもはぎは、接合面に接着剤を用いて接合しただけの工法です。雇い実(やといざね)はぎは、いもはぎに比べて接着面積が3倍以上になリます。また、さね自体の強度が加算されるので強度が倍化されます。

従いまして、接合面がはがれてきたり段差ができたりというようなトラブルが極めて少ないです。その分、雇い実(やといざね)はぎはかなりの手間暇と技術を要します。(完成した板をカットする場合はこの雇い実が見えてしまいますが、気になるものではございません。)

当工房では接ぎの工法に「雇い実(やといざね)はぎ」を用いています。

仕上げ関連のご質問

オイル仕上げ(オイルフィニッシュ)とは何ですか?
仕上げの方法のひとつです。専用の塗料を染み込ませて、木材の内部に塗膜を形成させ表面は無塗装感(自然に近い感じ)に仕上げる塗装方法です。(ウレタンやセラウッド塗装のように塗膜を作りません。)塗料には適度な弾性がありますので木肌にぬくもりが出ます。

欧米では、高級材(無垢材)の家具などに広く愛用されている塗装方法です。木の自然な色を際立たせて、年月が経つにつれて木の魅力が増していきます。又、木の呼吸を妨げませんので、部屋の湿度が快適に保たれる他、木も長生きします。

到着してしばらくは取り扱いに注意を要しますが、表面だけのキズでしたら補修はご自分でも可能です。(塗装や補修などのメンテナンスが簡単です。)年に一度オイルを塗ると、ツヤが増し木目の味わいが深まります。
セラウッド塗装もできますか?
ご希望がございましたらセラウッド塗装も承っております。特にご要望のない場合はオイル仕上げになります。今現在はウレタン塗装つや消しは行っていません。

面積に応じて追加代金がかかりますセラウッド塗装8,800円~24,000円です。
セラウッド塗装の場合も熱いもの(鍋ややかん等)を直接置く状況は避けて下さい。尚、セラウッド塗装はご自身でのメンテナンスはできません。裏がざらざらしている食器等は引きずりますとキズが付く場合もありますのでご注意下さい。セラウッド塗装はウレタン塗装より仕上がりがオイルに近く、ウレタン塗装より丈夫と言われています。
詳細はお問い合わせください。
梱包を開封した時にオイルの匂いが気になるのですが…。
オイルの匂いは独特で、匂いに敏感な人にとっては気になるようです。特に梅雨時は空気が湿っているため、匂いが篭ってしまいます。梱包も厳重な梱包をしますので、そのせいもあるかと思います。
開封して換気の良い場所に設置致しますと、匂いの方は1週間くらいで軽減され、次第に消えていきます。
仕上げ前と仕上げ後で板厚やクレバスの状態が違うような気がするのですが…。
板を削り出す事によって、ねじれ具合により板厚が変化したり、クレバスや鉄砲が広がったり、節の欠落が起こる場合があります。クレバスや鉄砲、節のある天板を仕上げるためには避けて通れないものです。尚、クレバスや鉄砲、節は自然のものですので「傷」というわけではありません。
引き出し側板、底板も無垢材ですか?
通常売られているデスクの多くは引き出しの底板に合板を使っています。
しかし、当工房では合板は使用せずに桐の無垢板を使用しています。

メンテナンス関連のご質問

お手入れって必要ですか?
年月と共にどうしても表面にツヤがなくなってきます。是非お手入れをしてあげて下さい。
オイル仕上げの家具は汚れたまま放置したり、濡れたまま放置すると白いシミができてしまいます。すぐに固く絞った布巾等で拭いて下さい。特にお茶やジュースで濡れた時、マヨネーズやケチャップのような油分を含んだものが付いた時もすぐに拭き取って下さい。どうしても取れない汚れは、サンドペーパーで汚れを削り取った後にオイルを塗る本格的なメンテナンスをして下さい。
特に汚れ等ない場合は、半年に一度くらいオイルを塗ると一段と深みのあるいい色合いが出てきます。
お手入れはどのようにすればいいですか?
日常は洗剤はご使用にならず、かたく絞った綿布で木目に沿って拭いて下さい。
時々(年に1、2回)、市販の専用オイル(チークオイル、米ぬかオイルなど)や乾性油(椿、オリーブ油←食用は乾性ではないので不可)、又は当工房でも使用している植物性無公害オイル(現在は自然塗料AUROアウロを使用しています)等を綿布に含ませて天板全体に塗り込み、乾いた綿布で磨いて頂ければ理想的です。
サンドペーパーを使っての本格的なメンテナンスをご希望されるお客様は、ご連絡下さればご説明致します。

オイル仕上げはお手入れやメンテナンスをしながら使っていく、のが基本的なスタンスになっています。しかし、お時間が取れない方やちょっと面倒と思われる方は、当工房ではつや消しのセラウッド塗装もしています。どうぞお気軽にご相談下さい。
使っていく上で何か注意した方がいい事はありますか?
仕上塗装で使われるオイルは熱に弱いので熱いもののふきこぼれに注意して下さい。濡れた物を直接置くとシミになりやすいです。濡れた場合はすぐに拭き取って下さい。又、マヨネーズなどの油ものが付いた場合もすぐに拭き取って下さい。

ジュースやコーヒーのスチール缶などを水に濡れたまま放置しておきますと、木材と鉄分が化学反応をおこし、黒く変色してしまいます。この場合、直すためには天板を削らなくてはなりませんので十分ご注意下さい。

無垢材は活きていますので環境にあわせて膨張、収縮します。木の割れや反りを防ぐため、以下の場所での使用はなるべく避けて下さい。

1. 屋外や水のかかる場所
2. ストーブの熱、クーラーの風、直射日光が当たる場所
3. 高温、多湿、著しく乾燥する場所、急激に温度・湿度が変化する場所

基本的に木は湿度に合わせて動き(伸縮し)ます。従いまして、急激な乾燥や湿気に対応しきれない場合も出てきます。上記の場所での使用を避けると共に、湿度の低い時は加湿器を使う事をお勧め致します。

また、暖房を使う冬場は、一枚板や2枚接ぎは特に到着してすぐの急激な暖房を避けて下さい。突然の割れやひびの誘因になります。環境の変化によって割れ等は起こりやすいです。またじわじわではなく到着後2週間以内起こることが多いです。

到着してすぐに注意する事はありますか?
天板表面は大変デリケートになっております。到着後1ヶ月くらいは水拭きをなさらないで、乾いた綿布でのお手入れをお願い致します。夏場は汗もしみの原因になりますのでご注意下さい。
できましたら、お食事の際は、最初のうちだけでもテーブルクロスのご使用をお勧め致します。(布製は水が染みますのでビニール製をご使用下さい。)ただし、テーブルクロスの上からも熱は伝わりますので、熱いもの(手で触って熱く感じられるもの)は置かないようにお願い致します。又、木の呼吸を妨げるため、お食事以外の時はテーブルクロスは外して下さい。

オイル仕上げはお手入れやメンテナンスをしながら使っていく、のが基本的なスタンスになっています。しかし、お時間が取れない方やちょっと面倒と思われる方は、当工房ではつや消しの薄塗のセラウッド塗装もしています。どうぞお気軽にご相談下さい。

基本的に木は湿度に合わせて動き(伸縮し)ます。従いまして、急激な乾燥や湿気に対応しきれない場合も出てきます。上記の場所での使用を避けると共に、湿度の低い時は加湿器を使う事をお勧め致します。
また、暖房を使う冬場は、一枚板や2枚接ぎは特に到着してすぐの急激な暖房を避けて下さい。突然の割れやひびの誘因になります。環境の変化によって割れ等は起こりやすいです。またじわじわではなく到着後2週間以内起こることが多いです。

活きている木を使用するため、木の呼吸により材料は伸縮します。そのため、お買い上げ頂いた後も呼吸をし続けることにより、反りやひびが生じる場合があります。そういった無垢材の特徴をよくご理解頂きますようお願い致します。

語句関連のご質問

反り止め桟とは何ですか?反り止め桟は必要ですか?
ダイニングテーブル、座卓の天板が割れたり反らないようにするために、天板の裏側につける桟のことです。無垢の木は反り止め桟がないとまず反ってきます。ついていた方がより安心です。
当工房では天板と脚部をセットでご注文を下さった場合はサービスで反り止め桟をお付けしています。また天板のみご注文のお客様には、ご希望で追加代金がかかりますがおつけしています。
地獄ほぞとは何ですか?
ほぞを抜けにないようにする仕口です。一度入れると抜けないという意味から、「地獄ほぞ」という名があります。止まり穴を蟻型に彫り、ほぞ先にくさび道の引き込みを入れ、これにくさびを差し込んだまま接着剤を付けてたたき込むと、ほぞ先が広がって接合されます。
仮組みが出来ず、一発勝負で組み上げるのでかなり勇気が要ります。
蟻桟とは何ですか?蟻桟は必要ですか?
台形に加工した横穴に横棒をスライドさせる反り止めです。金具を使わない反り止めになります。吸付き桟とも言います。「ありざん」と読みます。
特に手間のかかる(加工代がかかる)蟻桟をする必要はありません。ねじ止めの反り止め桟で十分です。
ちぎりとは何ですか?
木の割れ目にうずめて、かすがい的に補強するクサビの事です。
木は湿気や乾燥によって、反りや割れが発生します。(これは木が呼吸をして生きている証拠です。)木の習性を殺さず割れを生かすためのデザイン手法とも言えるでしょう。
装飾的に使われる場合もあります。(その場合はオプションとして有料になります)
耳とは何ですか?
丸太を板にしたときの両端の部分で、樹皮にあたるものです。ミミ、ヌタ、ヘリとも言います。
鉄砲とは何ですか?
虫食いの小さな穴の事です。鉄砲で撃たれたような形から、家具職人の間では鉄砲(テッポウ)と呼ばれています。
虎斑(トラフ)とは何ですか?
虎斑(トラフ)とは、楢(ナラ)やオーク材によく見られる斑紋で、斑(ふ)が大きく虎の毛のような模様に見える杢を指します。板目には出ず柾目だけに出ます。シルバーグレイン(銀杢)とも言います。
赤身とは何ですか?
木材の内部の色が濃い部分になります。(樹種によっては色で判別できないものもあります。)白太(辺材)に比べ耐朽性があり、材として利用価値が高いです。
「赤味」や「赤肌」、「心材」とも言います。白太の反対の意味で使われます。
白太とは何ですか?
木材の樹皮に近い周辺部になります。赤身(心材)に比べて淡色で、腐りやすく、虫が付きやすい特徴があります。
「白肌」や「辺材」、「白材(はくざい)」とも言います。赤身の反対の意味で使われます。

その他のご質問

完成予定(納期ではありません)はどれくらいですか?
完成予定は、ご注文状況や制作する家具の種類によって変わります。2ヶ月から半年ほどですが、今現在は3~4ヶ月ほどのお待ちを頂いております。坐繰り付きの椅子とのテーブルセットや箱物はかなりお日にちを要します。運送便での発送の場合は配達地域により中2~7日ほど要します。(沖縄、離島は別)

原則受注順になっておりますが、効率よく仕事をするために、複数を同時進行して制作を進めて参ります。そのため多少前後する場合もございます。また、お伝えしています完成予定は「およそ」で、様々な状況によって1カ月ほど長くかかってしまう場合もございます。一人で制作をしているため、ご迷惑をおかけしてしまう場合もございますが、何卒ご理解を頂けますと大変有難いです。
テーブルの脚は固定した方がいいですか?
当工房では、お客様より固定しないで欲しい、というご希望のない限り、天板と脚部はねじで固定しています。天板と脚の間にゴムをはさめば軽く押す程度の力は止めることができますが、地震等大きな揺れが来た場合は天板が落ちてしまい大変危険です。

当工房では、ダイニングテーブル、座卓の脚部とセットでご注文のお客様には、天板裏に反り止め桟の取り付けをサービスしています。転倒を防止する目的でその桟と脚部をしっかりねじで固定します。又、天板を指定の長さでカットするのもサービスで致します。
無垢の家具がどうしてそんなに安いのですか?
当工房は制作者=販売者のため、工房併設のギャラリーのみで、店舗がありません。それによって店舗にかかる費用、人件費等の経費が発生しません。また値引きを前提とした価格設定をしていないこともあり、表示価格がお値打ちになっています。
トップへ戻る