福庭家具工房 一枚板のダイニングテーブルや座卓など無垢の手作り家具、一枚板オーダー家具を手間暇かけて制作している 福庭家具工房 です。
 
こだわりの手作り家具と無垢一枚板の天板
永く使う家具再生(リフォーム)
お客様の声
福庭家具工房とは
手作り家具へのよくあるご質問
ご注文はこちら
お問い合わせ
トップページに戻る
 
 
トップ よくあるご質問 接ぎ(ハギ)とは何ですか?
     
 
接ぎ(ハギ)とは何ですか?
接ぎ(ハギ)とは、複数の板を巾方向で接着して一つの板にするという意味です。つまり「ハギ」とは「接ぎ」を意味します。接いで作りますので一枚板よりも十分な大きさの天板を確保できますし、ご希望のサイズの天板の制作も可能となります。

二枚接ぎのテーブルの魅力は、出来上がりの木目の美しさにあります。二枚接ぎのほとんどは、共木(同じ丸太から取った板)で作ります。但し、一枚板を2枚接ぐということですので、技術も要し、高価なものになります。そのため、一枚板と変わらない雰囲気を持つことができます。

その点、複数枚の接ぎ板は価格も手ごろな上、ご希望のサイズで仕上げることができるため人気が高いです。
 
     
 
■関連項目■

接ぎの工法には何がありますか?
 
     
  >> よくあるご質問一覧に戻る  
     
 
福庭家具工房
〒505-0046 岐阜県美濃加茂市西町4丁目-194番地 (地図はこちら
TEL/FAX:0574-27-1290

© Copyright by 福庭家具工房 2004〜 All Rights Reserved.