福庭家具工房 一枚板のダイニングテーブルや座卓など無垢の手作り家具、一枚板オーダー家具を手間暇かけて制作している 福庭家具工房 です。
 
こだわりの手作り家具と無垢一枚板の天板
永く使う家具再生(リフォーム)
お客様の声
福庭家具工房とは
手作り家具へのよくあるご質問
ご注文はこちら
お問い合わせ
トップページに戻る
 
 
トップ よくあるご質問 使っていく上で何か注意した方がいい事はありますか?
     
 
使っていく上で何か注意した方がいい事はありますか?
仕上塗装で使われるオイルは熱に弱いので熱いもののふきこぼれに注意してください。濡れた物を直接置くとシミになりやすいです。濡れた場合はすぐに拭き取ってください。また、マヨネーズなどの油ものが付いた場合もすぐに拭き取ってください。

ジュースやコーヒーのスチール缶などを水に濡れたまま放置しておきますと、木材と鉄分が化学反応をおこし、黒く変色してしまいます。この場合、直すためには天板を削らなくてはなりませんので十分ご注意ください。

無垢材は活きていますので環境にあわせて膨張、収縮します。木の割れや反りを防ぐため、以下の場所での使用はなるべく避けてください。

1. 屋外や水のかかる場所
2. ストーブの熱、クーラーの風、直射日光が当たる場所
3. 高温、多湿、著しく乾燥する場所、急激に温度・湿度が変化する場所

基本的に木は湿度に合わせて動き(伸縮し)ます。従いまして、急激な乾燥や湿気に対応しきれない場合も出てきます。上記の場所での使用を避けると共に、湿度の低い時は加湿器を使う事をお勧め致します。

また、暖房を使う冬場は、一枚板や2枚接ぎは特に到着してすぐの急激な暖房を避けてください。
突然の割れやひびの誘因になります。環境の変化によって割れ等は起こりやすいです。またじわじわではなく到着後2週間以内起こることが多いです。

活きている木を使用するため、木の呼吸により材料は伸縮します。
そのため、お買い上げ頂いた後も呼吸をし続けることにより、反りやひびが生じる場合があります。そういった無垢材の特徴をよくご理解頂きますようお願い致します。

オイル仕上げはお手入れやメンテナンスをしながら使っていく、のが基本的なスタンスになっています。しかし、お時間が取れない方やちょっと面倒と思われる方は、当工房ではセラウッド塗装(追加代金がかかります)もしています。どうぞお気軽にご相談ください。
 
     
 
■関連項目■

お手入れって必要ですか?
お手入れはどのようにすればいいですか?
到着してすぐに注意する事はありますか?
 
     
  >> よくあるご質問一覧に戻る  
     
 
福庭家具工房
〒505-0046 岐阜県美濃加茂市西町4丁目-194番地 (地図はこちら
TEL/FAX:0574-27-1290

© Copyright by 福庭家具工房 2004〜 All Rights Reserved.