福庭家具工房 一枚板のダイニングテーブルや座卓など無垢の手作り家具、一枚板オーダー家具を手間暇かけて制作している 福庭家具工房 です。
 
こだわりの手作り家具
永く使う家具再生(リフォーム)
お客様の声
福庭家具工房とは
よくあるご質問
ご注文はこちら
お問い合わせ
トップページに戻る
 
 
トップ WEB担当便り 2008
WEB担当便り 2008
20162015|2014201320122011201020092008200720062005
 2017 
 
2008.12.24
メリークリスマス!今日はクリスマスイブですね。今年は雪不足で、工房のある岐阜県美濃加茂市ではホワイトクリスマスは望めそうにありません。

結婚式わが家はもう子供たちも大きくて、毎月レンタルの観葉植物がクリスマスバージョンにはなっているのですが、装飾品がない状態です。(単に私の怠慢…^^;)それで、今回は昨日お声を送って下さいました愛知県の古川様のお写真がクリスマスバージョンになっていますので、こちらでも紹介したいと思います。古川様の栃の一枚板はとっても大きくかつワイルド感いっぱいです。栃の白い肌にポインセチアの赤が際立っていますね。

※年末年始は元旦(1/1)のみお休みをさせて頂きます。その他は営業をしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
 
2008.11.22
紅葉真っ盛りの季節になりました。主人に時間が取れなくて、今年も紅葉狩りには行けそうにありません。犬山の寂光院、美濃の大矢田など近くに名所はたくさんあるのに残念です。

結婚式

結婚式

ディズニーシー

ディズニーシー
11月8日に主人の姪の結婚式が千葉県のホテルニューオータニ幕張でありました。夫婦で招待を受けたので3年ぶりに新幹線に乗って東京→千葉まで出向きました。新幹線の内装がシックな紫色になっていて、席と席の間もゆったりしていると感じたのですが気のせいでしょうか。飛行機のエコノミーでもこれくらいゆったりしてもらえると嬉しいのですが…。

結婚式に出席したのは何年ぶりでしょう。若いカップルが初々しくて、本当に素敵な結婚式でした。披露宴の最後に姪が言葉を述べたら、もう義兄が号泣で、義姉がハンカチを差し伸べていました。どこでも「花嫁の父」は同じなんですね。わが家には娘がいないのでちょっと安心です。

結婚式の会場が幕張という事もあって、前日は東京ディズニーシーへ行って来ました。ディズニーランドの方は若い頃に家族で行った事がありますし、私がやっていた英語教室の生徒の引率で何度も行った事があるのですが、ディズニーシーは初めてでした。

平日という事もあってとても空いていて、ほとんどがファストパスを取らなくても楽しめましたが、年齢的なものなのか、以前のような感動がないんです…。どうしても「創られたもの」という印象が拭えないのと、お土産もミッキーがついてない方がいいって思ってしまって…主人はもう嫌々という感じでした。^^;

久しぶりの都会はとっても疲れました。

 
2008.10.27
今日からぐっと冷え込んできました。これから紅葉の季節に入っていきますが、今年は台風の上陸がなかったので紅葉が美しいと言われています。

ブラックウォールナットの丸テーブルさて、今回はブラックウォールナットの丸テーブルを納品させて頂きました京都府の足立様のブログとプリザーブドフラワーのホームページをご紹介させて頂きたいと思います。

福庭家具工房の紹介

ブラックウォールナットの丸テーブルにプリザーブドフラワーが映えていますね。

ちなみに足立様はご自宅でプリザーブドフラワーの教室も開催されていますので、ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

「プリザーブドフラワー Rose Living」
住所:京都府福知山市上篠尾
TEL:090-5068-1644
 
2008.09.30
フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記
「フィジー旅行記 3」

ここではフィジーについて少しご紹介したいと思います。フィジーは330もの島々からなり、陸地面積は四国とほぼ同じです。国の産業は観光業が第一位、次いでサトウキビ産業となっています。

お土産売り場では砂糖がたくさん売られていました。人口の半数をフィジー人が占めており、残りはインド人となっています。クーデターもあったりして、フィジー人とインド人との間には「見えない溝」があるようです。それが埋まるのは難しく、のんびりとした南の楽園も根深い問題も抱えています。

主島はビチレブ島で国際空港のあるナンディや首都スバ、港のあるラウトカなどの主要都市があります。ラウトカからは、1島1リゾートといったママヌザ諸島行き、「青い珊瑚礁」で有名になったヤサワ諸島などへのクルーズ船が発着します。

気候は年間を通じて恵まれており、月平均気温は23〜28度、日中の平均気温は28〜32度で、ここ美濃加茂の夏よりはるかに過ごしやすいです。一応、雨期が12〜4月、乾期が5月〜11月で、私たちが訪れた6月は乾期に当たります。

どの島でも素晴らしい笑顔と歌で現地のスタッフが歓迎してくれます。

真っ白な砂浜、帰りのクルーザーから眺める水平線に沈む黄金の夕日、吸い込まれそうなラグーン、ただひたすら海を眺めて過ごす贅沢な時間…滞在中が全て快晴だった事もあり、南国の良さを100%満喫できました。

 
2008.09.26
フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記
「フィジー旅行記 2」

翌日からは3日間、マナ島、アムヌカ島、キャスタウェイ島を大型クルーザーで巡りました。それぞれの島まで片道1時間半くらいの日帰りでしたが、島や海を眺めながら心地よい海風に当たりました。

私たちは日に焼けないように日陰の位置にいたり、どうしても日の当たる時はバスタオルをかぶったりしていましたが、外国人は全然平気なんです。最近日本では紫外線の危険性や日焼け防止が盛んですが、体中が真っ赤なのに全く意に介さず、という感じです。

それから、外国人は他国の人であっても気軽に話しかけ、すごく熱心に会話しています。私たちも初日の船でキャスタウェイ島のレストランで働いている男性に話しかけられ、ただでさえ英語を聞き取ったり話すのが大変なのに、フィジー人の英語は少し訛っているのでとても聞き取り難く(言い訳?)、とても疲れました。しかし、何とか会話をする事ができて、現地事情が分かりました。

明くる日の船ではタスマニア島から来ている男性から話しかけられたのですが、その男性は交通事故で頭に大きな損傷を受け(「触って」と言われ触ってみたら陥没していました。)、少し言葉に障害があるのかますます聞き取れなくて(言い訳?)、しかし、とても熱心に話してくるので、無い能力を使い果たしとても疲れました。

…という事もあって、3日目の船では「最後なのでゆっくりしたい」という思いもあり、人が集まらない席に座りました。おかげで景色を眺めながら、ゆったりした時間を過ごす事ができました。

3日間とも同じような海を航海するので、島の名前が段々と分からなくなってきました。マナ島は大きな島なので桟橋があってクルーザーが停泊できますが、アムヌカ島やキャスタウェイ島に渡るには近くで小船に移るのです。それが結構恐くて、ドキドキでした。

マナ島は昔から開発されているリゾートアイランドでちょっと古い感じがしました。アムヌカ島は開発中のリゾートアイランドで、海も設備もとても綺麗でした。遠浅の海をカヌーで珊瑚礁のある段差まで行き、そこに浮かべてあるイカダに乗ってパンをあげると魚が寄ってくるんです。(そこにいた外国人の親子にパンを分けてもらいました。)水の恐い私はシュノーケリングができないので、残念で仕方ありません。

キャスタウェイ島はトム・ハンクス主演の映画「キャスタウェイ」で有名になりましたが、実際撮影が行われた島は近くのモドリキ島だそうです。この島は木陰のスペースが作られていて、大半をそこでごろんとして過ごしましたが、南半球は冬ということもありアムヌカ島やキャスタウェイ島は空いていて、青い海と空を独り占めしているようでした。
 
2008.09.23
フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記

フィジー旅行記
「フィジー旅行記 1」

夏休みで混雑する前の6月に南国フィジーへ行ってきました。中部国際空港からの直行便はなく、韓国の仁川国際空港での乗り継ぎとなります。ルックJTBでの飛行機とホテルのみがついているツアーだった事もあり、日本人はほとんどいませんでした。

いつもなら乾季のこの時期、ここずっと大雨続きなので、とても心配でしたが、ナンディ国際空港に着いた時は晴れていてほっとしました。聞くところによると、前日までは大雨で街中が洪水状態になり大変だったそうです。乾季にこんな事はめったにないそうで、これも地球温暖化の影響でしょうか。地面はまだ濡れていましたが、蒸し暑いながらも快晴なので一安心しました。

宿泊先のウエスティンホテルのあるデナラウ地区内のスーパーでは、思ったより品揃えが多いのでびっくりしました。デナラウ地区内は無料のシャトルバスを利用してホテル間やレストラン街を移動できます。

ホテル内のレストランでフィジー料理の昼食を食べましたが、もっと濃厚な味かと思いきや意外にさっぱりしていて日本人好みに感じました。とても美味しかったです。

コテージでの宿泊では広くて迷子になりそうでした。特に主人は方向音痴なので一人では出歩けない…と言っていました。レストラン、プール、ビーチサイドが一体化しているのはまさに南国のリゾートホテルです。

フィジーではあいさつは全て「ブラ〜」です。最初は戸惑いましたが、慣れると快適で帰ってからもしばらく夫婦間で「ブラ〜」って言っていました。

ホテル前のビーチに沈む夕日が素敵で何度もシャッターを押したのですが、こんな写真しか撮れませんでした。デジカメにもいろいろ機能が付いているのですが、もうついていけなくて…。(ちなみに主人はもっとダメです。)

夜になったらプールサイドで運良く火踊りのステージが始まり、火縄を落としたりとハプニングもありましたが、頑強な男性たちと写真撮影もできてラッキーでした。


 
2008.08.28
お盆を過ぎたあたりから朝晩は涼しく感じられるようになりました。まだ蒸し暑さが残ってはいますが、工房での仕事も捗ってきているようです。

黒ニンニク夏バテ防止として、この夏は「黒にんにく」を食してみました。高価なものなので頻繁には食べられませんが、青森県産の福地ホワイトを使用したものです。元々にんにくは大好きで料理にもよく使います。(接客時に匂っていたらすみません…。)黒にんにくも匂いが強烈かと思っていましたが、匂いは全くありませんでした。ゼリー状で柔らかく、果実のように甘く感じました。

-黒の秘密、黒にんにくの特長-
☆にんにく特有の刺激臭が少ない。
☆胃に優しく、軟らかくてフルーツのような食感。
☆生にんにくに比べて遊離アミノ酸が約2.5倍。

ニンニクペーストやニンニク酒、蜂蜜漬け等にしたりもできますが、私はそのまま食べるのが手軽で美味しいように思います。
2008.08.04
本当に暑いですね…最近こんな会話ばかりです。工房内も34度どころか37度近くになる日もあり、日々の健康管理に気をつけています。水分補給、和食中心の食事、十分な睡眠、適度な運動などを心掛けています。主人は日中の仕事が大変なせいか、熱帯夜にも負けず、熟睡できるようです。食欲もあり夏バテしていません。少しでも納期遅れを挽回しようと日々制作に励んでいます。

クマムシ

クマムシ

クマムシ
7月下旬に出荷を終えました神奈川県の鈴木忠様が書かれた本「クマムシ?!」のご紹介をしたいと思います。この本は突然鈴木様より我が家に届きました。「う?なんだ、クマムシ…?」と思いながら、ムシなるものにはほとんど興味のなかった私ですが、読みやすい文章と美しい挿絵や写真に惹かれてあっという間に読み終えてしまいました。

「乾燥すると樽型に変身!真空、高温、高圧、放射線にも耐え、レンジでチンしても平気。120年間水なしでも行き続ける生物がいるー?それは体長1mm以下の微小な生物・クマムシ。不死身伝説の真偽、18世紀からの研究の歴史、試行錯誤で飼育する笑いと苦労の物語など、生物研究のオモシロさ満載。身近なクマムシの観察方法や、ファン必見の図版も多数掲載」(本の裏表紙より)

鈴木様は愛知県生まれで、現在は慶應義塾大学医学部専任講師をしていらっしゃいます。名古屋大学では昆虫変態に関する生理、生化学を学びつつ、古き時代の発生学に憧れ、また当時存在した画廊兼酒場「がらん屋」で様々な人間模様を学ばれました。2000年にクマムシの世界にはまり、2005年より1年間、コペンハーゲン大学動物学博物館で海産クマムシの卵形成を研究されました。

学習机本書は岩波書店の岩波科学ライブラリー122です。ご興味のある方は是非読んでみて下さい。この書に関連し、最近では「クマムシを飼うには」という本も上梓されたそうです。鈴木様からはお声も頂き、「これからこの机で読書したり勉強をしたりするのが楽しみです。」とご感想を頂きました。
 
2008.07.20
暑中お見舞い申し上げます。

今年の夏は例年より猛暑の到来が早く、梅雨寒も感じないまま夏本番を迎えました。工房内も大型扇風機2台がフル稼働していますが、34度を超える日もあり作業効率が悪くなっています。体調に気をつけながらも連日制作に励んでおりますので、完成をお待ちのお客様、大変ご迷惑をおかけしておりますが、どうぞ今しばらくお待ち下さいませ。

広東名菜 福鼓樓(フッコロウ)

広東名菜 福鼓樓(フッコロウ)

広東名菜 福鼓樓(フッコロウ)
今回は先日お客様の声においても掲載致しました横浜市の中華料理店「広東名菜 福鼓樓(フッコロウ)」様をご紹介したいと思います。先月6/25よりプレオープンし、若いご夫妻で頑張っています。

お店の内装は、信頼する設計士さんにお願いされ、施工時にはご自身も床や柱の塗装をしたり、内装のモザイクを工務店さんと共に作ったりと、店造りに積極的に参加されたそうです。その為、「とても愛着が湧いて仕上がりに満足しています」とおっしゃっていました。

お勧めメニューは、「蟹肉入りふかひれあんかけチャーハン」「季節野菜の自家製XO醤炒め」「海老・イカ・エリンギの塩味炒め」との事です。美味しそうですね。

「テーブル、とても好評です。やはり無垢材はいいですね。ウレタン塗装も気にならず、ラタンの椅子とも相性が良いです。良い品を有難うございました。」と後日再度メールを頂きました。7/31まではプレオープン(期間中10%OFF)期間となっていますので、お近くの方は是非足を運ばれてみて下さい。

広東名菜 福鼓樓(フッコロウ)
〒233-0001 横浜市港南区上大岡東1-2-13 HARU102
TEL&FAX:045-225-8692
HP:http://www.fuccorou.com
 
2008.06.28
韓国ドラマを観始めると日本のドラマを観なくなると言いますが、本当にそうですね。以前の便りにも韓国ドラマを話題にしましたが、相変わらず毎晩(私は昼間も)夫婦で韓国ドラマを1話ずつ観ています。

最近「商道」という2001年の史劇を観終わりました。これは、賤民から従三品の官職にまで登りつめた朝鮮時代最高の富豪である商人イム・サンオクの生涯を描いた50部作で、実存するイム・サンオクの生涯をチェ・イノという作家が小説化してベストセラーとなったものをさらにドラマ化した作品です。

「財上平如水 人中直似衡」(財物は平等さが水のようで、人は直さが秤のようだ)というこの文章はイム・サンオクの遺言です。平等で水のような財物を独占しようとする愚かな財産家は必ずその財物によって悲劇をこうむり、秤のように真っ直ぐ正直ではない財産家はいつか必ずその財物によって破滅するだろうという深い意味の込もった名句だそうです。これはチェ・イノがこの時代の資本家たちに語りかけた警告と忠告であるだろうとも言われています。

湾商の都房ホン・ドゥクチュが言った「商売とは金ではなく人を稼ぐことだ。利益ではなく人を残すものだ。人を稼ぎ残すのが商売だ」がずっと心に残っています。「商道」はともすれば人生観、今後の生き様を変えるかもしれません。それほど心に深く刻まれた感動的なドラマでした。「大長今(チャングムの誓い)」「茶母(チェエオクの剣)」「ファンタスティックカップル」「君はどの星から来たの」「ファッション70」「魔王」もオススメです。昨夜からは同じ監督の大作「ホジュン(1999年制作)」を見始めました。

父の日のお花今月の15日は父の日でしたが、次男が花束をくれました。
母の日よりグレードアップして綺麗ですね。
 
2008.05.25
つばめの巣 つばめの巣 今年も我が家の玄関につばめがやって来てもうヒナがかえっています。玄関の水掃除が日課の毎朝です…。

つばめは人や猫の認識ができるのでしょうか?主人や私が玄関にいても親鳥は攻撃をしてこないのですが、他の人が玄関に立った時はすごい勢いで攻撃してきます。猫に対しても、ニャンコには何もしないのですがクロには攻撃してきます。不思議ですね。

母の日のお花今月の11日は母の日でしたが、次男が花束をくれました。
小さなものでも手作りは嬉しいです。


2008.05.06
ゴールデンウィークも今日が最終日でしたが、当工房はお客様がいらっしゃることもありお休み無しでした。その間主人は相変わらず制作に追われております。

今回は当工房の人気作品の一つであります「胡桃チェアー(ダイニングチェアーE)」の制作の様子をお伝えしたいと思います。胡桃(クルミ)が基本の材なのですが、タモやブラックウォールナット、チェリー、ハードメイプルなどでも制作した事があります。

椅子の制作工程厚さ約40mmの板より削りだす座刳りは、鉋(カンナ)を使って手作業で行われます。大変な手間と時間を要しますが、この座刳りの作業を施す事によって、お尻にフィットした座り心地の良い椅子が出来上がるのです。

椅子の制作工程 椅子の制作工程座板の制作が終わったら、後ろ脚2本をヌキで接合し、背もたれ部を制作します。それから前脚2本をヌキで接合し、前脚部を制作します。

椅子の制作工程 椅子の制作工程
椅子の制作工程 椅子の制作工程
前脚部と背もたれ部が完成したら、それらを4本のヌキで接合します。

そして、軽くカーブさせた三日月形のラダー(背もたれ)を上部にはめ込むとフレームが出来上がります。

椅子の制作工程 椅子の制作工程座板を固定すれば完成です。オイル塗装を施しますと美しいつやのある椅子となります。

椅子の制作工程文章で表現しますと実に簡単そうですが、この椅子に限らず、椅子全般の制作はほぞとほぞ穴の加工、またパーツが多い(画像は4脚分)事もあり、大変手間暇を要します。ほとんど機械を頼らない手仕事となるところも多いため、お値段も市販されている椅子に比べ高くなります。
 
2008.04.07
無垢一枚板

無垢一枚板

無垢一枚板

無垢一枚板

無垢一枚板

無垢一枚板
今回は一枚板の変わり様についてお話したいと思います。

切り出されたばかりの大きな一枚板は水分を含んでいますのでずしりと重い上、手で触れてみると冷たく感じます。それを自然乾燥、人工乾燥を施す事によって、水分が飛ばされ、割れや反りも出て、家具として使える状態になります。

テーブル用の一枚板天板はプレーナーで反りを落として平面にします。それから鉋仕上げ、サンダー仕上げに入ります。主人は職人暦23年の経験と勘で仕上げ方を変えているようです。

栃(トチ)、欅(ケヤキ)、タモもそれぞれ木の持つ特質を生かして仕上げています。正に木との対話ですね。至福の時であるとも言っています。この一枚板がどれほど美しく変化していくのか、楽しみであるようです。

それから数回オイル塗装を施しお化粧の完成です。女性のお化粧も素肌が綺麗でないと塗りも悪いですよね。

写真上2枚は栓の一枚板の変化です。桟積みされている原木はこんなに汚いのですが、どうです、この変わり様!

次の2枚は栃の一枚板の変化です。元画像はプレーナー仕上げはしてありますが、最終仕上げとオイル塗装を施す事によって、杢がくっきりと浮かび上がり絹のようになりました。

次の2枚は欅の一枚板の変化です。欅の美しい木目を消さないように仕上げます。オイル塗装を施す事によって欅らしい色合いに変化します。

これからも様々な一枚板と出逢い、変化を楽しんでいきたいと思っています。


 
2008.03.21
マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国
マルタ共和国旅行記 5

最終日は知り合った皆さんとホテルのロビーで記念撮影をしてから首都ヴァレッタへ。マルタ・ストーンとも呼ばれる特産の蜂蜜色の石灰岩の建物が300にも及び、道は騎士団栄光のままに真っ直ぐに続いています。

昔ながらの景観をとどめる町は、1980年にユネスコの世界遺産に登録されています。こういった街並みを歩いていると日本では味わえない歴史を感じます。快晴なのでクリーム色の建物に空の青さが映えていますが、建物の間隔が狭いのでどうしても道路は日陰になってしまいます。

ヴァレッタのメインストリート、リパブリック通りには商店や銀行、カフェが並んでいます。広場で山盛りのアイスクリームを食べてから、騎士団長の宮殿、聖ヨハネ大聖堂の見学をしました。

騎士団長の宮殿内の兵器庫通路は、色大理石が床を覆い、脇には甲冑が並んでいます。現在は大統領府と議会が置かれているので見学できるのは5室のみとなっていますが、どの部屋も華麗なタペストリーや絵画が飾られ、マルタ製の家具が置かれています。「給仕の間」では輝くような黄色のタペストリーが飾られていますが、ここでは12〜18歳の若者16人が詰めて騎士たちの雑用を引き受けていました。

聖ヨハネ大聖堂は、マルタ騎士団の守護聖人ヨハネに捧げられた教会です。外観は簡素ですが、内部は実に絢爛豪華です。堂内には「聖ヨハネの斬首」があります。

アッパー・バラッカ・ガーデンに向かう途中のマルタの国旗を称えたエレガントな建物がオーベルジュ・ドゥ・カスティーユ(現首相官邸)です。そして、アッパー・バラッカ・ガーデンからはグランド・ハーバーとスリー・シティーを一望する素晴らしいパノラマが広がります。

街中と建物を存分に見学した後でしたので、眼前に海が広がった時はびっくりしました。ガイドブックや地図はあるのですが歩いている時はほとんど見ていないので、「ここがグランド・ハーバーなんだ〜!」って感激でした。飛行機の時間の関係上長くはいられませでしたが、ここから眺めた景色は一生忘れないと思います。

今回の旅では添乗員さんの三浦由季子さん(偶然主人の兄と知り合いでした)に大変お世話になりました。若くて細身ながらとてもパワフルなベテラン添乗員さんです。

年に数回行く夫婦の旅は、主人にとっては仕事の疲れを癒すものとなり、私にとってはハッスルする機会(旅程は全て私が担当しています)になっています。


 
2008.03.16
マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国
マルタ共和国旅行記 4

翌朝は歴史に彩られた漁村マルサシュロックへ。船先に目(悪天候や不漁を避ける魔よけ)が付いたカラフルな船がとても可愛らしい港町です。(残念ながら写真にはないです)

1565年にトルコ軍大包囲戦の時やフランスのナポレオン軍の侵入した場所ですが、1989年に旧ソ連ゴルバチョフと米ブッシュ大統領が冷戦終結を宣言した「マルタ会議」が行われた事でも有名な街です。小さな市が開かれていて、蜂蜜、レース編み等が安い値段で売られていました。

それから陸続きの高い岩礁が年月をかけて波と風でえぐられて造られた自然の洞窟「青の洞窟」へ。アズール・ウィンドーもそうでしたが、自然が産み出す造形美は素晴らしいです。

その後、タルシーン神殿の見学へ。今から5千年前くらいに建設され、いくつかの部屋に分かれており、主に動物を祀ったと言われています。写真は巨石をくり抜いた火鉢です。

昼食を兼ねて古都イムディーナとその外に広がる庶民的な町ラバトへ。イムディーナは城壁の町という意味で16世紀にはヴァレッタに先だって首都が置かれていました。マルタ・ストーンの家々が迫り、どこまでもくねくねした狭い道路が続いています。今や「静寂の町」となっています。

ラバトでは聖パウロ教会、聖パウロの地下墓地を訪れました。かび臭くてすぐに出たいと思いましたがそうもいかず説明を聞いていました。お金持ちは個室のお墓、貧乏な人は大部屋、というように死後の世界でも区別されていたようです。写真は埋葬の際に会葬者がお別れの食事をしたと言われている大きな岩を使った「アガペ・テーブル」です。

イムディーナのメインゲートを抜けると大聖堂が見えてきます。 堂内は金銀で彩色された彫刻、聖パウロの難破を描いたフレスコ画、床一面には華麗な色大理石の墓碑が並んでいます。

一旦ホテルへ戻ってからヴァレッタの夜景を見ながら夕食。マルタの食事は基本3ディッシュからなっています。2日目のディナーはペンネのトマトソース、グリルチキン、温野菜、ココナッツ風味パンナコッタ、3日目のランチはゴゾ風キッシュ、タコシチュー、フルーツカクテル、4日目のランチは前菜アラカルト、ビーフシチュー、ケーキ、今夜のディナーは野菜スープ、カジキマグロソテー、アイスケーキでした。口に合わないものもありましたが、美味しかったです。

次回に続きます。


 
2008.03.13
マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国
マルタ共和国旅行記 3

絶景を見た後はゴゾ島の首都ヴィクトリアへショッピング。ヴィクトリアは以前単にラバト(アラビア語で町)だったのですが、ヴィクトリア女王在位25年を記念して改名されました。

繊細なレース編み、騎士団たちを飾った金銀細工、ヴェネツィアングラスの技術を踏襲したガラス製品が有名です。また最近人気上昇中のマルタワインと香り豊かで濃厚なゴゾの蜂蜜も美味しいです。

マルタの産業は漁業、農業(ワインと蜂蜜)、観光とわずかな工業です。住民の足も年代物のバスが主流で、狭い道路に日本では考えられないような古い車がびっしりと縦列駐車されています。どうもバンパーは押し出すためにあるようです。

子供たちはスクールバスで学校に通っているのですが、このスクールバスの運行は最優先されます。私たちのバスの運転手さんもスクールバスの運転のため途中で帰ってしまいました。文句を言っても全く通用しないのでガイドさんも諦めています。

ちなみに、マルタでは大学まで教育費を全て国が持ってくれるそうです。ガイドさんが「助かるわ〜」と言っていました。だから大人ものんびりしているのですね。

石畳の道路の両側には、所狭しと住宅やお店が建っています。どの家も石灰岩を積み上げたものでほぼクリーム色。一番驚いたのは立派な玄関ドアが個性豊かにあることです。中には夏場の厳しい日差しから守るためにすだれのようなものをかけている家もありました。

ショッピングを済ませてから高台にあるチタデル大城塞へ。元はゴゾ島の住民が海賊や異民族の侵入を防ぐために建てたもので、17世紀の騎士団の時代に度重なるオスマン・トルコ軍や海賊の侵攻に備えてより強固に再建されました。今や観光客の賑わいのみで物々しい城塞の割にはとても静かな町になっています。さらに上に上っていくと辺り一面見渡せる高台になっています。

町の入り口には大聖堂が建っています。建築当初はドームが載るはずだったのが資金不足のためとりやめとなり、そのため遠近法を駆使した「だまし絵」により、壮大なドームがあたかもそこになるかのような錯覚を与えています。イヤホンで説明を受けたのですが、その時はよく意味が分からず、家に帰ってガイドブックを読んで納得した次第です。

夕刻にはイムジャールの船着場を後にし、再びフェリーでマルタ島に戻りました。

次回に続きます。


 
2008.03.10
マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国
マルタ共和国旅行記 2

翌朝はマルタ島の北西約6キロに位置するゴゾ島に渡りました。この島は地中海に浮かぶ島の中でもその美しさは随一の島です。思ったより大きなフェリーで何故かドイツ人が多かったです。

30分くらい揺られてイムジャールの船着場に到着。人口約26000人で島ならではののんびりした風景ですが、歴史の古さに驚きです。今から7千年程前からすでに人が住んでいたそうです。地中海沿岸では最古の建造物と言われているシャガンティーヤ神殿(BC40世紀〜)を見学しました。

周囲は高さ8mにも及ぶ石積みの壁で囲まれ、あるものは数トンにも及ぶ巨大なサンゴ質の石灰岩が整然と積み上げられています。ここから眺める空の青さが素晴らしかったです。

島全体が石灰岩で構成され、樹木が自然に生い茂るところがないため、雨量の少ない夏は緑がなく、雨季の冬になってやっと緑が鮮やかになります。地表のほとんどはオリーブとサボテンばかりで、小さな畑の周りには小石が積み上げられています。まるで積み木のようです。

次にカリプソの洞窟へ。ここはホメロスの叙情詩「オデッセイ」で歌われ、妖精カリプソがオデッセウスを愛の虜として7年間閉じ込めた洞窟です。洞窟は小さくて、とりたてたものはありませんが、ここからはゴゾ島最高といわれるラムラ湾のサンディ・ビーチの美しい眺めが広がります。この海を眺めていると時間が経つのを忘れてしまいます。

そして、風と波の浸食によって造られた自然のアーチ…アズール・ウィンドーへ。紺青の海がのぞく印象的な景観でした。またちょっと立ち寄ったプールのようなシュレンディ湾の断崖の上には洞窟に続く遊歩道が広がり、スキューバーダイバーたちが海に飛び込んでいました。

次回に続きます。


 
2008.03.05
マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国

マルタ共和国
マルタ共和国旅行記 1

「地中海に浮かぶ世界遺産の宝庫」と呼ばれているマルタ島。イタリア半島の靴形先にあるシチリア島の南に浮かぶ淡路島の半分程度の小さな島です。

作年の11月、中部国際空港22:45発エミレーツ航空を利用し、ドバイ乗り継ぎキプロス島を経由し、やっとの思いでマルタ島に到着しました。旅立つ前はこんなに長時間の移動は大丈夫だろうかと不安でしたが何とかなるものですね。

今や大変なお金持ちのドバイの空港は早朝にも関わらず活気に満ちていました。異国に来たな〜って気がしました。人気の金製品も売っていて、正札を見たところ「え、こんなに安いの!?」という価格でしたので、思い切って買おうかなと思いましたが、帰りに時間があるからとやめて良かったです。1グラムを商品単価と間違えていました。^^; クレジットカードの請求書を見て卒倒するところでした。

首都ヴァレッタの街が一望できるダルビッシュ港で記念撮影。ヴァレッタは1565年のトルコ軍によるマルタ攻略の「大包囲戦」の勝利の後、聖ヨハネ騎士団長ジャン・パリソ・ドゥ・ラ・ヴァレッタによって築かれた城砦都市です。う、高校時代に学んだ世界史が頭をよぎる…。

スリーマ地区(海岸沿いに広がる近代都市)を散策したり、セント・ジュリアン(かつての漁村)を車窓より眺めて地中海に面したラディソンSASベイポイントホテルへ。地中海は海の青が深いです。それに波も豪快。吸い込まれそうでした。

もうすぐ夕食なので眠ってはいけないと思いつつ、睡魔に襲われす〜っと眠りに入ってしまいました。時差と疲労のせいなのでしょう、意識が朦朧とした中での夕食でした。

次回に続きます。
 
2008.02.10
ダイニイングテーブル栃のダイニイングテーブルと栃の椅子をご注文下さいましたフランス在住の川上様(お客様の声P68)よりメールを頂きました。

福庭ご夫妻様

フランスに戻りました。「お客様の声」拝見しました。本物が欲しいばかりに、次から次へと勝手な希望を書きまくり、送信させていただきましたが、今このやり取りを拝見して、面倒くさがらずによくぞご誠実にその都度ご返事を下さったものと感激いたしております。奥さまの文面から、福庭さんの仕事に対する誠意と情熱がひしひしと感じとることができ、お二人の表裏一体の生き方は、今後のご発展を象徴しているものと確信いたします。

今回 短い滞在期間でしたが、幾組かの知人の来訪があり、案の定ダイニングテーブルセットが毎回話題の中心でした。私達もこのセットがあることで、ここで過ごす楽しみが増えてきました。(中略)御迷惑でしょうが、親戚ができたような気がしています。大分冷え込んで雪の地域が多いとのこと、みなさん御自愛ください。
川上
T T Paris Co.(Chateau de Raray:パリのホテル)
Address:4 rue Nicolas du Lancy 60810 Raray FRANCE


川上様、嬉しいお便りありがとうございます。こちらこそ大変楽しくお話をさせて頂きました。メールでのやりとりだけでしたのに、まるでお会いした事があるように錯覚してしまいます。

川上様の作品は作年制作した中の大作のひとつとなりましたし、「初めてづくし」でもありました。栃で椅子を制作した事、一枚板の天板の耳を落とし斜めにカットした事、外国にお住まいの方からのご依頼であった事…私たち夫婦にとっても忘れられないものになると思います。

メールの中で、伊豆の別荘、フランスへのお誘いを受けました。今年、私たち夫婦は銀婚式を迎えます。それを記念に川上様からのフランス行きのお誘いに甘えさせて頂こうかしら、と真剣に考えています。旅行好きの私たちにとって楽しみができ、また仕事の励みにもなります。
 
2008.01.20
中村中「友達の詩」 中村中(アタル)

手を繋ぐくらいでいい 並んで歩くくらいでいい ♪
それすら危ういから 大切な人が見えていれば上出来 ♪

この歌を初めて聴いたのは確か朝か夜のNHKのニュースの中でした。普段歌番組も見ないしラジオも聞かないし、あまり買い物にも出ないのでお店で流れるBGMも耳にしない私たち夫婦は、この曲を聴いて衝撃に近い感動を覚えました。

年末でNHKが紅白の楽曲紹介をしていたんですね。中村中が性同一性障害である事も報じていました。「友達の詩」は15歳の時の作品で、そういう事に対しての悩みを人にも言えず苦悩していた頃なのでしょう。心にずしりと訴えるものがありました。

成人式紅白は録画をしてその部分だけ保存してあるので時ある度に観たり、次男にパソコンに取り込んでもらったのでそれを聴いたりしています。その次男も1/14成人式でした。
 
2008.01.01
明けましておめでとうございます。今年は家具制作を始めてから23年目を迎えます。福庭家具工房も21歳…多くのお客様に支えられて参りました。心より感謝申し上げます。又、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

タオルお正月早々に「使い古したタオル」の画像…何だと思われますか?我が家では通常の使い方の他、タオルが大活躍しています。特に主人の家具制作の上でかかせないものになっています。

まず、冬場は襟巻き代わりです。工房の中は温かくし過ぎるとぼ〜っとしてしまい作業効率が落ちますので、かなり寒くなっています。しかし首を温めますと体もポカポカしてきます。かと言って毛糸のマフラーを使うと木くずや木埃がくっついてしまいチクチクします。そこで大活躍するのが「タオルのマフラー」なのです。毎日洗濯もできますし思った以上に温かいようです。

夏場はもちろん汗拭き用でもあるのですが、使う場所が面白いのです。ちょうど腰の部分に当たるようにTシャツの内側に入れているのです。もちろん私ではなく主人ですよ。夏場は工房内はかなりの暑さになりますので汗だく防止に重宝しています。
 
20162015|2014201320122011201020092008200720062005
 2017 
 
>> 最新のWEB担当便りに戻る
 
福庭家具工房
〒505-0046 岐阜県美濃加茂市西町4丁目-194番地 (地図はこちら
TEL/FAX:0574-27-1290

© Copyright by 福庭家具工房 2004〜 All Rights Reserved.